僕のトルコ日記

このコンテンツをご覧いただくにはFlashPlayerが必要です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あとがき‐3

img245.jpg


今日から新しい章。ここでは自動詞、他動詞といった動詞の形の説明と使われ方。そして名詞の体格について解説がなされています。自動詞、他動詞がどういうものかは分かりますね。簡単に言うと
文の中で目的語をもっている動詞は他動詞。
文の中で目的語を持っていない動詞が自動詞。
ですね。学校で文法とかを習うのが苦手だったのであまり詳しく書こうとするとぼろが出てしまいますし、文法をかっちり学ぶためのブログでは無いのでトルコ語での実際の書き方を見てイメージをつかんでください。
 トメルの教科書でも自動詞、他動詞は目的語があるかどうかで判断をするとかかれています。

<他動詞>
“ベン アルカダシュムン エヴィンデ イチキ イチティム
 Ben   arkadaşın     evinde   içki   içtim.
私は  友人の       家で   お酒を  飲みました

「お酒を 飲んだ」と目的語となる「お酒を」という単語があるのでこの動詞は他動詞です。

<自動詞>
“ベン イスタスヨンダン エヴィメ ギッティム
Ben    istasyondan    evime  gittim.
私は   駅から     自宅へ   行きました
「行った」という単語にかかる目的語はどこにもありませんね。なのでこれは自動詞です。

 これをはっきりさせたからといって特に会話の時に凄い役立つわけではありませんが、話している言葉の仕組みをおぼえるのも大切なのことですね。(自分のことは棚に上げちゃってますが・・・)
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. 2007/07/27(金) 20:00:00|
  2. アンカラ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huzur.blog84.fc2.com/tb.php/246-4dfd75dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。