僕のトルコ日記

このコンテンツをご覧いただくにはFlashPlayerが必要です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンカラ滞在最後の月と帰国騒動編第六十七回

img240.jpg

押しが弱かったら負ける??と思ったので、とにかく頭に思いつくままこちらが正当だと思えるような理由を喋り捲って説得しました。彼は私の話を聞きながらもきちんと他の仕事もこなし、次々と罰金命令を言い渡していっていましたが、それが一段落ついたときに職場仲間の人らしき人が来て、その人と少し話をし始めました。それがその人の娘の話だったため、鬼のような顔が一転にこやかになり(なったように見え)、場もその時は和やかになりました(話している内容が場に似つかわしく無いような和やかな話題だったため)。
 このチャンスを逃してはいけないと思い、キャンセルしたしないで言い合うのではなく、日本人はビザがなくても3ヶ月は滞在できるし、ビザが切れていたとしても特に問題はないですよね、と妥協案ともいえる提案をしました。
 今日は過去の用法から離れて、名詞の形容詞化の方法をいくつか見てみます。~にある、~におけるといった感じで訳せます。作り方は

名詞 + t(d)a(e)ki

で作られます。

“マサダキ カレム”
 Masadaki  kalem
 机にある  ペン

“オダダキ チョジュクラル”
 Odadaki   çocuklar
部屋にいる  子供たち

“ハバダキ クシュ”
 Havadaki kuş
 空にいる 鳥

このような使われ方です。

また同じように時間も形容詞化できます。しかし1時、2時といった数字で表す時間ではなく、朝、昼、夜、明日といった時間を形容詞化するときにも似た形で変化できます。

時間 + ki

です。これはこれまでの規則から外れていて、前の単語の最後が母音が何であっても"ki"になります。

Sabahki
朝の

yarınki
明日の

akşamki
夜の

sonraki
後の

といった感じです。明日はあるのに昨日や今日はどうしたの?と思われるかもしれませんが、昨日、今日は違う形で形容詞化します。それは明日見ていきましょう。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. 2007/07/22(日) 20:00:00|
  2. アンカラ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/07/23(月) 13:26:16 |
  2. |
  3. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huzur.blog84.fc2.com/tb.php/241-a8bd84cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。