僕のトルコ日記

このコンテンツをご覧いただくにはFlashPlayerが必要です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンカラ滞在最後の月と帰国騒動編第四十七回

img220.jpg

 ライブは一般の開放が終わった後、夜9時から行われました。始まるとみんな歌手と一緒に歌ったり踊ったりの大盛り上がりでした。私はこのようなライブを見たのは初めてでしたが友達と一緒にとても盛り上がれました。トルコに行って大きな収穫の一つはベランダで教えてもらい、結婚式やこのようなライブで何度も踊ることで、トルコのダンスを踊れるようになったことかもしれませんね。
 続いて、「~を用いて」「~と一緒に」「~によって」という表現を見ていきます。
これは、

ile

...+(y)le(a)

で表されます。前の単語は名詞が使われます。下側は前に動詞に付いて変化するので、介入子音の"y"や前の母音によって変化する母音調和を忘れないようにしなければいけませんが、上の"ile"は、前の単語にくっつかずに独立して表されるため、変化はしません。どちらを使うかにルールはなく、どちらでも同じように用いることが出来ます。ただ、会話では言葉の流れが重視されるため、単語を区切らなくても使え流れを途切れさせない下側の使われ方が多いですね。ここでも"ile"ですともう説明することがなくなってしまうので、下側の例をあげてみます。

カレム  カレムレ
kalem → kalemle
ペン  ペンを用いて

バルダック バルダックラ
baldak → baldakla
グラス   グラスを用いて

チャンタ チャンタイラ
çanta → çantayla
かばん   かばんを用いて

シシェ  シシェイレ
şişe → şişeyle
ビン   ビンを用いて

アンネ  アンネイレ
anne → anneyle
母    母と一緒に

ババ  ババイラ
baba → babayla
父    父と一緒に

コルク コルクイラ
korku → korkuyla
恐怖    恐怖によって

といった感じです。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. 2007/07/02(月) 20:00:00|
  2. アンカラ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huzur.blog84.fc2.com/tb.php/221-18bf6470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。