僕のトルコ日記

このコンテンツをご覧いただくにはFlashPlayerが必要です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンカラ滞在最後の月と帰国騒動編第三十八回

img211.jpg

 最後のページ2行ですみません。こっちで一杯書くので読んでいってください。
空港は住宅街の中にあります。それほど大きな空港ではありませんでした。飛行機に乗るとアンカラまでは本当にすぐについてしまいます。アンカラを出てからバスで何十時間も揺られたことと比較すると改めて飛行機の速さを実感しますね。
 今回の旅行で色々と買い物をしましたが(カセットテープをもらったりもらい物も結構ありましたが・・・)、マラティアのアンズ(シーズンではないのでドライフルーツになっていた)やハサンケイフで見つけた毛織物はなかなかの収穫でした。特にディヤルバクルで全くよいお土産を見つけられなかったのでハサンケイフでとても良い毛織物のラグを見つけられたことはとても幸運でした。遺跡のそばに何軒かお土産やさんが軒を連ねており、小さなマットくらいのものから絨毯くらいある大きなものまで売っていました。ここで調子に乗って大きなのを2つも買ってしまい、あとで冷や冷やすることになるのですがその話はまたのちほど。
 今日から新しい章に入ります。トメルの教科書では5にあたります。
ここではまず "Ad Tümceleri"というものを習います。名詞、形容詞に人称を付け、人や物の性質を現します。
 「私は学生です」をトルコ語に訳すと、

Ben öğrenciyim

となります。"öğrenci(学生)"の後ろに「私」を表す"im"(介入子音が入っているので"yim"になっています)が入ることで「学生」の一単語を見たたででこの学生が私なのか、あなたなのか、彼なのかが一目で分かるのです。日本語は「学生」はあくまで「学生」でその単語自体に何かがくっつくことはありませんね。日本語にはない文法です。

これにもそれぞれの人称ずつ6個+肯定、否定、肯定疑問、否定疑問の4つの書き表し方があります。さらに介入子音や母音調和などを忘れてはいけませんね。
 明日から少しずつ見ていきましょう。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. 2007/06/23(土) 20:00:00|
  2. アンカラ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huzur.blog84.fc2.com/tb.php/212-a86937d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。