僕のトルコ日記

このコンテンツをご覧いただくにはFlashPlayerが必要です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンカラ滞在最後の月と帰国騒動編第二十一回

img194.jpg

 私の受けた「トルコ政府奨学金留学生」の制度はサポートが少ない分自由度も高いです。とるこの大学にも大使館にも、期間終了後特に何か提出するわけでもなく、ただ授業に参加していましたよという証明をもらうくらいしかありません。その為か、たまに予定していた大学に通わずに滞在中ひたすら旅行しちゃう人や、あまりにも本人任せなのに耐え切れずに日本に逃げ帰っちゃう人もいるそうです。確かに、役所での手続きや、漫画でも紹介したトルコ人のアバウトさの犠牲になった人は嫌になっちゃうこともあるかもしれません。私としては、苦労する事が多い分とても自分にとって役に立つ経験を沢山出来、よかったですけどね。
“シネマダ ブユック セスレ コヌシュマユン
Sinemada   büyük  sesle    konuşmayın
映画館で 大きな    声で   話さないでください(二人称複数)

 “カル  ヤーヨル. ギトメイェイム
Kar    yağyor.    Gitmeyeyim
雪が 降っている。いかないでおこうかな・・・。

 “ゲレジェック ハフタ スナヴ ヴァル. ブ サイファダン ブ サイファヤ カダル オク
Gelecek hafta sınav vari.       Bu    sayfadan  bu  sayfaya kadar   okun
    来週  テストが あります。 この ページから この ページ まで みなさん読んでおきなさい

“ヤルン ババム ダ ビズィムレ ゲルスィン ミ?”
 Yarın  babam  da  bizimle    gelsin  mi?
 明日 お父さんも私達と一緒に 来させるの?

“ハバ チョク スジャク. ペンジェレイ アチスン ム?”
Hava  çok sıcak.          Pencereyi   açsın mı?
とても暑い(気温がとても高い)。  窓を  開けさせますか?


どうでしたか?
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. 2007/06/06(水) 20:00:00|
  2. アンカラ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huzur.blog84.fc2.com/tb.php/195-9b673d28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。