僕のトルコ日記

このコンテンツをご覧いただくにはFlashPlayerが必要です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬の終わりと春の大イベント編三十回

img164.jpg

 新しい先生はトメルでは珍しい男の先生でした。漫画にあるように、彼もテキストを見てとても困った顔をしていました。先生がこれほどころころと変わることはめったに無いことなのだそうで、教えるほうも大変だったみたいです。しかし、今度の先生は新人の先生ではなく、結構ベテランの先生だったので授業の進め方は良い感じでした。
 長いようで短かったGWも終わったので、トルコ語も再開です。休み前に書いたように今日は「~へ」を表す"-(y)a(-(y)e)"をやります。
 これは、普段の会話でも頻繁に用いられます。たとえば、
“ヤルン ジャポンヤダン イスタンブラ ギデジェーイム”
 Yalın   Japonya'dan  İstanbul'a    gideceğim.
 明日    日本から イスランブルへ 行くでしょう(私)
“アリ ユズメ バクヨル
 Ali   Yüzüme  bakıyor
アリは 私の顔を 見ています
“ネレイェ ギディヨルスン?”
 Nereye   gidiyorsun?
 どこへ   行くのですか(君)
 İntasyona gidiyorum.
 駅へ   行きます(私)

といった感じです。「~へ」という用法ですが、2つ目の「顔を見ています」でも"-e"が使われています。これは、動詞の“バクマック”が影響しているからです。日本語では「~を見る」ですが、トルコ語では「~へ向かって視線を定める」という理解をします。そのため「~へ」を表す"-a,-e"が用いられるのです。
また、"-a,-e"は“私”"ben"“あなた”"sen"“彼”"o"とくっつくと変化します。
Ben+e→Bana
Sen+e→Sana
O+a→Ona
良く使う用法だけに注意が必要ですね。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. 2007/05/07(月) 20:00:00|
  2. アンカラ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

comment

Alaturka さま。いらっしゃいませ。外国に滞在しているときは毎日そこらじゅうから聞こえてきて、結構わかるようになったなと思っていても、言葉って日本に戻ると凄い勢いで頭から消えていってしまうものですよね。折角覚えたトルコ語を忘れないようにお互いに頑張りましょうね。
  1. 2007/05/15(火) 12:18:54 |
  2. URL |
  3. huzur
  4. [ 編集]
はじめまして。アンカラ滞在日記、楽しく拝見させていただいております。実は私も3年ほど前、アンカラ大学に留学しておりましたので、懐かしさと親近感を持って楽しく閲覧させていただいております。今後も是非遊びに来させてください。

こちらは日本でトルコ語の勉強を再開したばかりです。それに関係して、備忘録のつもりで私もブログを作りました。かなりマニアックなものになってしまうかもしれませんが、一度遊びに来ていただければ何よりです。気に入っていただければ、相互リンクなども検討してくださるとうれしいのですが。ともかく、
Ankara'daki yaşamınızda bol bol başarılar dilerim!
  1. 2007/05/07(月) 22:09:22 |
  2. URL |
  3. Alaturka
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huzur.blog84.fc2.com/tb.php/165-142dc863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。