僕のトルコ日記

このコンテンツをご覧いただくにはFlashPlayerが必要です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬の終わりと春の大イベント編二十三回

img157.jpg

 そう言って先生はこの翌日にはさっさともといたトメルに戻っていってしまいました。そして残されたのは実は授業についていけていなかった生徒たちだけ・・・。トメル滞在中で最も月末のテストがとっても不安になった一瞬でした。
 トメルはアンカラだけでも2,3箇所。もちろんトルコ全土に広がっています。私がイスタンブルの奨学生仲間のところに遊びに行ったときにデザイナーのところに連れて行ってもらいました。その人はトルコのモスク(ジャミィ)の絵の修復などをしている人で、その人の仕事場に行ってみると、この建物は完成したらトメルの教室になるのですよと説明してくれました。イスタンブルのイスティクラル通り沿いにあるビルです。とても見事な内装のトメルになりそうなので、イスタンブルのトメルに入る人はラッキーですね。
 最初のほうに"...de""...da"という用法についてみていきましたが、ここでまた詳しく教科書に載っているので、もう一度おさらいと、少し補足の意味もこめてここで取り上げてみます。「~で」の「で」に当たるこの用法はトルコ語で

“ブルンマ ドゥルム”
 Bulunma durumu
 見られた 状態(存在する状態とでも訳すのでしょうか・・・)
と表されます。これも他の用法と同様単語の最後の母音が

e,i,ö,ü なら"-de"
a,ı,o,u なら"-da"
となります。しかしながら"-de""-da"の直前の子音が
f,s,t,k,ç,ş,h,p だった場合に限り単語の最後の母音が

e,i,ö,ü なら"-te"
a,ı,o,u なら"-ta"

になります。覚えていますか?
さらにもう一つ。くっつく頭の単語が
  “オ”
   O 
「彼、彼女、それ」
の場合のみ、
“オダ”ではなく“オンダ”
oda       onda
とあいだに"n"が入ります。名詞の

“オダ”
oda
部屋

との混同を避けるためでしょうかね。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. 2007/04/30(月) 20:00:00|
  2. アンカラ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huzur.blog84.fc2.com/tb.php/158-d1be28f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。