僕のトルコ日記

このコンテンツをご覧いただくにはFlashPlayerが必要です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真冬のアンカラ体験編第四十二回

img129.jpg

 アンカラは天気がよかったので油断しており、傘を持っていなかったので、ずぶ濡れでした。ホテルに早朝(朝7時)からチェックインさせてくれたので本当に助かりました。部屋に入ってすぐにシャワーを浴び体を温め、ようやく一心地付くことができました。
 この日のイスタンブルは豪雨と言ってよいほどの土砂降りでした。ですが、せっかく来たのでと言うことでイスタンブルの奨学金友達がカドキョイのバザー見学に誘ってくれました。
トルコで忘れてはいけないファーストフードといえば、ドネルサンドイッチ屋さんがあります。“ドネルジュ”と呼ばれていて、町のあちこちで見ることができます。値段も手ごろで私もよく食べましたが、ドネルジュの人々は当然英語の出来ない人のほうが多く、トッピングなどに要望があっても伝えることは難しいと思います。
 ドネルサンドの基本は肉、トマト、玉ねぎ、小さな緑の唐辛子です。ドネルサンドのお肉、昔は羊肉だと思っていたのですが、今トルコでは鶏肉か牛肉のドネルサンド以外全く見られなくなっています。昔から牛か鶏だったのでしょうか・・・・。玉ねぎは生の玉ねぎで結構辛いです。辛いのも大変ですが生の玉ねぎを一杯食べた後困るのは後々の口臭ですね。私は後で臭くなるのがいやだったので玉ねぎは入れずに作ってもらいました。生玉ねぎを入れてほしくないときは。

“ソーアン コイマスン”
 玉ねぎ   置かないように (玉ねぎ抜きで)

と作るときに言えば玉ねぎ抜きで作ってくれます。
この言い方人によって様々なようで、ドネル屋さんでお客さんの言い方を聞いているととても面白かったです。上の表現のほかに、

“ソーアンスズ ルトフェン”
 玉ねぎ抜き  お願いします

“ソーアン イステミヨルム”
 玉ねぎ  欲しくありません

また、お店の人が“ソーアン?”と聞いてくれるので、そのときに

“オルマスン”
 無い状態であるように

や、ただ単に

“ヨク”
 ない

と言う言い方もあるみたいです。どれが正しくてどれが間違っていると言うこともないので本当に好みの問題みたいです。ドネルにはさむ唐辛子を含め辛味のある調味料は“アジュ”というので、辛いのが嫌いな方は上記の文の“ソーアンを”“アジュ”に代えれば代用できます。
お店の人にいろいろ要望を言ってお気に入りのドネルサンドを作ってみましょう。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
  1. 2007/04/02(月) 20:00:00|
  2. アンカラ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huzur.blog84.fc2.com/tb.php/130-06745b49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。